女子が占いにハマる理由

占いは女子だけのもの?

占いのイメージ

皆さんは、占いをする人に対してどんなイメージを思い浮かべますか?
「女性が楽しむもの」「男性は占いをしない」と思う方が大半でしょう。

しかし、この記事を読んでいる男性のみなさま。今年、初詣にはいきましたか?

「社畜ライフを爆進中なので行ってない」という方でも、人生で一度は引いたことがあるであろう「おみくじ」!
これも占いの一種ですよね。

「占い」は昔から受け継がれてきた、わたしたち日本の文化にも溶け込んでいるのです。

おみくじの例からもわかるように、「占い」は、わたしたちの生活にけっこう密接に入り込んでいるんですよ。

他にも雑誌の後ろのほうにある星座占いや、朝のニュースでやっている占いも、わたしたちの生活に浸透している占いですよね。

男性と占い

ではここで、視点を変えて占い師についても考えてみましょう。

皆さんは、「占い」というと「女性が好きなもの」というイメージが強いことはすでにご紹介してきました。
しかし、占いをする人、「占い師」についてはイメージが別れると思います。

「よく占いをする」という人は、占い師の中には男性の方が結構いることにお気づきかもしれません。
時々テレビで見かける占い師の方も、男性が多いようなイメージがあります。

占いをする人に女性が多いのは確かな事実ですが、占い師に男性がいるということも事実です。

また、「占い師」というと「なんだか胡散臭い」と思う人も多いと思います。これは、前述した「まじない師」や「呪術師」のイメージが強いのかもしれません。

実際に、「占い」と称した詐欺行為も存在するので、警戒心は男女ともに持っておいたほうが賢明であるといえます。